ルプルプ

ルプルプの安全性について

投稿日:

ルプルプなら肌のデリケートな人でも安心

ルプルプの大きな特徴は、頭皮に刺激の少ない成分が配合されていること。

通常の白髪染めで使われているのはタール染料と呼ばれる合成染料(合成着色料)で、これらは長期間の使用には向いていません。頭皮を通じて体内に蓄積されて有害な物質になったり、最悪な場合は内臓にまでダメージを及ぼす可能性があるのです。

それに比べ、染料としてルプルプに配合されている成分は、クチナシ、ベニバナ、藍の葉・茎などの天然植物由来の色素です。しかもバランス良く配合されているため、体に吸収されても化学染料のような被害は及ぼしません。

もちろん染める力も十分で、髪にキッチリと浸透して自然な色に仕上げてくれます。

化学染料もわずかながら入っていますが、髪や頭皮に負担をかけないものに限っています。

「白髪を染めたいけど、肌が弱いので無理……」という敏感肌の人でも、ルプルプなら大丈夫。安心して使えます。

妊娠中でもルプルプは使える?

「オシャレが命」という女性は、たとえ妊娠中や授乳中でも身だしなみに気をつけているものです。なるべく若々しく見せたいので、白髪が目立つとなるとどうしても染めたくなってしまいます。

ただ、さすがに妊娠中・授乳中に白髪染めを使うとなると、赤ちゃんの体に悪い影響を及ぼすのではないかと心配になるでしょう。

また、女性は妊娠中はホルモンバランスが乱れています。体全体がデリケートな状態になっていて、お肌も敏感。そのため、刺激の強い成分の入った白髪染めを使うと肌が荒れてしまう場合もあります。

それに美容院で白髪染めをお願いすると、同じ姿勢をしばらく保つ必要がありますから、体に余計な負担がかかってしまいます。これらの様々な理由から「やめておいた方がいい」といわれているようです。

ただ冷静になって考えると、「頭皮に刺激の少ない白髪染めを自宅で使う」という条件なら、やってもいいとも考えられますよね?

どうしても白髪を染めたいと思っている妊婦さんや授乳中のママさんは、刺激成分の少ない白髪染めを選べばいいんです。

その点、頭皮や髪の毛への負担が少ないことをうたい文句にしているルプルプならピッタリ。「身だしなみの点で白髪がどうしても気になってしまう」という女性は、ぜひ使ってみて下さい。

もちろん人によっては、刺激の少ないルプルプでもアレルギー反応が起こることがあります。

乱れたホルモンバランスのせいで肌が敏感になっていることをしっかりと自覚し、心配なら事前にパッチテストを行って下さい。その上で異常がないことが分かったら、白髪を染めても問題ありません。

ルプルプの副作用について

ルプルプに主要成分として配合されているガゴメフコイダンは、昆布から抽出された天然成分です。合成された化学物質ではないので、副作用のリスクは非常に少なくなっています。現に口コミをチェックしても、重篤な副作用の報告はありません。

ただ、やはりルプルプの配合成分であるセファランチンは、ちょっと注意が必要かもしれません。

この成分のせいで頭痛や胃の不快感などが起きたという例が、ごくまれにではありますが報告されています。

もちろんいずれも軽い症状ばかりです。それほど心配する必要はありませんが、少し用心はしておきましょう。

-ルプルプ

Copyright© 『本当に染まる!ルプルプの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.